リヴィエール

株式会社九州三共

MENU

物件レポート

リヴィエールリシェル西小倉断熱施工

リヴィエールリシェル西小倉 2017年12月02日

リヴィエールリシェル西小倉では断熱材工事を行いました。

断熱材とはこの白みどりっぽい雪のようなものです。

201712021605979b.jpeg

ところで、なぜ結露が出るのか知っていますか?

結露の原因となる湿度の上限は気温上昇によって、ひき上がっていきます。

そのため夏場のジメジメした気持ち悪い空気も、空気が夏の日差しで温められ湿度の上限値が引き上げられているからとなります。

温度上昇に伴う湿度上限が変化が変化することを「相対湿度」と呼びます。

そして温度上昇によって変わることのない空気中に含まれる水蒸気の量を「絶対湿度」と呼びます。

冬の寒い季節を想像してみてください!

室内でストーブを使い温めると「相対湿度」が上昇します。

石油ストーブを使うと、灯油の中の炭素や水素の化合物を室内で燃やす事になり、室内の酸素と結びつき、 水蒸気などの結露の原因が作られる事になります。

ストーブによって温められた室内は、温度上昇とともに「相対湿度」=湿気の上限も上がっていきます。

でも外は寒いので外壁側近くは「相対湿度」が低いままです。

室内の「相対湿度」=「湿気の上限」は高いのに、外は湿気の上限が低いので湿度の差によって結露が発生してしまいます。

結露の発生は、建物は断熱性能に左右されます。

そのため断熱性能を上げるために発砲ウレタン吹付を行っています。

建物を作る上で様々な建築材料を使ってマンションは出来ています。

各素材に熱伝導率と呼ばれるものがあります。

熱伝導率とは、材料の熱の伝わりやすさを表す値です。

裏表に1℃の温度差がある場合に厚さ1mの材料の中を、面積1m2あたり、1秒間に伝わる熱量です。

値が小さい程、熱の伝わりが少なく、断熱性能が高いということになります。

建築で使う代表的な熱伝導率の大きさは

アルミ>鉄>コンクリート>ガラス>水>断熱用硬質ウレタン吹付け>空気という順番で熱を通しやすく、アルミが一番熱を通し空気が一番熱を通しません。

コンクリートとガラスを比較するとガラスよりもコンクリートのほうが熱を通しやすいということです。

そのためリヴィエールマンションでは省エネ、結露対策のためコンクリートの内側に断熱補強を行っています。

熱伝導率はどの素材も1mの厚みの熱伝道率で比較しているのでガラスもコンクリートも同条件です。

建物などで使う用途を考えるとコンクリートは壁などの躯体の役割のため厚くなり、 窓に入るガラスは採光を確保するため厚みは各所バラバラです。

厚みで伝わる熱量が変化します。

コンクリートの室内側に硬質発砲ウレタンフォームを吹きつけ断熱を行っているから快適に過ごせます。

ウレタンフォームは現場で直接コンクリートに吹き付けて施工するため断熱性能と共に気密性も確保できる素材です。

しっかりと断熱することによって暖かいマンションは出来ています。

光熱伝導率の大きなものは断熱用硬質ウレタンフォームを吹き付けたり、空気層を作ることにより補いながら暖かいマンションが完成していくのです。

他の物件での断熱工事の風景もご覧ください!

 

エレベーターに面する壁には遮音シートを貼っています。

201712021608ef68.jpeg

リヴィエールリシェル西小倉では現在、好評分譲中です。ご連絡をお待ちしております。
リヴィエールリシェル西小倉マンションギャラリー:093-482-3822

リヴィエール八幡中央ヴェリエ外観お披露目

リヴィエール八幡中央ヴェリエ 2017年12月02日

リヴィエール八幡中央ヴェリエでは足場の解体工事が進みました。

 

20171202155234ce.jpeg

201712021553267b.jpeg

201712021556ef1e.jpeg

足場解体が完了すると外回りの工事に着手することが可能となります。

いよいよ工事の大詰めです!

リヴィエール八幡中央ヴェリエは好評分譲中となっております。

マンションに興味のある方は是非マンションギャラリーまでお気軽にお問い合わせください。

リヴィエール八幡さくら通りマンションギャラリー:093-616-8992

リヴィエール八幡駅前 ラップル杭工事(着工)

リヴィエール八幡駅前ヴェリエ 2017年11月10日

リヴィエール八幡駅前ヴェリエではラップル杭工事を実施しました。

今回はマンションを支える強固な地盤が地表面から4mにあるため良好な地盤と呼べます。

10月26日に重機が入ってきました!

2017111008378910.jpgこの円形のバケットをこの大きな重機に取付回転させながら掘っていきます。

201711100837a0b2.jpg

2017111008384656.jpg基準となる墨出しを行います。

2017111008386a3e.jpg基準となる墨から杭芯をおって確認します。

2017111008380419.jpgいよいよ重機セットです。大きな巨体の中に水平器があり水平器で水平を取ります。

2017111008391c8a.jpg杭芯セットします。

201711100839d671.jpg杭を施工する前に再度杭芯を確認します。201711100840e49c.jpg20171110084170a1.jpg掘っていきます。掘り終わる底部の地層と事前に取った支持地盤の地層サンプルの照合を行います。

検査でOKでいよいよコンクリートを打ちます。

201711100841239c.jpgコンクリートの荷受け時の検査を行い良ければ打設します。

2017111008429035.jpg

リヴィエール八幡中央ヴェリエ タイル引っ張り試験

リヴィエール八幡中央ヴェリエ 2017年11月10日

リヴィエール八幡中央ヴェリエでは11/9にタイル引っ張り試験を行いました。

引っ張り接着の基準強度は陶磁器質タイル張りの場合・・・引張接着強度 0.4 N/mm2以上は国土交通省の公共建築工事標準仕様書(建築工事編)で記述があります。

表示された破断荷重を以下の計算式に当てはめて単位面積あたりの接着強度を算出します。

検査する場所はマンション内のタイルを張っている面から当社が指定しに検査場所を選択します。当物件では6箇所検査をしました。

今回は9階x3面、14階x3面で検査を実施しました。

2017111008176f1b.jpg2017111008212cc5.jpg2017111008250a0b.jpg2017111008259ae8.jpg2017111008252caa.jpg2017111008268ab4.jpg

基準である0.4 N/mm2という数値から低くて3倍、高くて6倍の数値がでています!

同時にタイル打診検査も全数行いました。

201711100830b267.jpg

リヴィエール八幡中央ヴェリエは好評分譲中となっております。

マンションに興味のある方は是非マンションギャラリーまでお気軽にお問い合わせください。

リヴィエール八幡さくら通りヴェリエ:093-616-8992

八幡駅前ヴェリエ地鎮祭

リヴィエール八幡駅前ヴェリエ 2017年10月16日

10月16日、リヴィエール八幡駅前ヴェリエでは地鎮祭を行いました。

2017101609267bdd.jpeg

地鎮祭の写真です。

写真の中で赤白の幕と青白の幕が混じっているのはなぜか知っていますか?

青白の幕は浅黄幕(あさぎまく)と呼ばれます。

地鎮祭などの神事式典で、祭壇周りの神域を囲う為に用いられます。

神聖で厳かな場所を示し、みだりに立入ってはいけないことの印となります。

 

地鎮祭は以下の流れで行いました。

地鎮祭の流れと意味合いは以下の通りです。

  • 手水(てみず、ちょうず)神事の会場に入る前に手水桶から掬った水で両手を洗い、心身を浄める。
  • 修祓(しゅばつ)開式の後、祭に先立ち、参列者・お供え物を祓い清める儀式。
  • 降神(こうしん)の儀 祭壇に立てた神籬に、その土地の神・地域の氏神を迎える儀式。
  • 献饌(けんせん)神に祭壇のお供え物を食べていただく儀式。酒と水の蓋を取る。
  • 祝詞奏上(のりとそうじょう)その土地に建物を建てることを神に告げ、以後の工事の安全を祈る旨の祝詞を奏上する。
  • 四方祓(しほうはらい)の儀 土地の四隅をお祓いをし、清める。切麻(きりぬさ)・散米(さんまい)とも言う。
  • 地鎮(じちん)の儀 斎鎌(いみかま)を使った刈初(かりそめ)、斎鋤(いみすき)を使った穿初(うがちぞめ)、斎鍬(いみくわ)を使った鍬入(くわいれ)等が行われる。設計・施工・建主に振り分ける事が多い。鍬入の儀とも言う。
  • 玉串奉奠(たまぐしほうてん)神前に玉串を奉り拝礼する。玉串とは、榊に紙垂を付けたもの。
  • 撤饌(てっせん)酒と水の蓋を閉じお供え物を下げる。
  • 昇神(しょうしん)の儀 神籬に降りていた神をもとの御座所に送る儀式。この後に閉式が行われる。
  • 神酒拝戴(おみきはいたい)直会の前に行われるケースもある。土器(かわらけ)の杯にお神酒を注ぎ、神職の合図で乾杯を行う。
  • 当社及びその関係者一同、工事の安全を祈願しました。
  • お問い合わせは、㈱九州三共0120-02-4881へご連絡下さい。

門司港基礎配筋工事

リヴィエール門司港ベイブリッジ 2017年08月29日

リヴィエール門司港ベイブリッジでは基礎配筋工事を実施しました。

基礎をする前に掘削を行いますが、深く掘ると土が崩落する恐れがあるため土外周部に土留めを施工しています。

201708290815a7ef.jpeg

その後、足場を組んで配筋を行います。上からでは配筋が足場で見えません。

2017082908071257.jpg

基礎配筋写真です。

2017082908074e77.jpg

201708290811b8ce.jpg

リヴィエール門司港ベイブリッジではモデルルーム好評分譲中です。興味のある方は是非ご連絡をお待ちしております。

リヴィエール門司港ベイブリッジマンションギャラリー tel:093-342-8644

門司港ベイブリッジLOWEガラス標準採用(一部)

リヴィエール門司港ベイブリッジ 2017年07月31日

リヴィエール門司港ベイブリッジでは一部でLowEペアガラスを採用しています。

熱の移動を防ぐ効果があります。

熱の移動には三種類あり、伝導(でんどう)は物質が伝える熱のことを指します。

例えばヤカンの持ち手の部分に樹脂製のカバーがついています。

この持ち手がもしヤカンと一体の金属だった場合、お湯を沸騰させるとタオルか何かで持たないと熱くて持てません。

このように、個体が熱を受け移動させることを伝導といいます。

対流(たいりゅう)とは、熱が、温度差によって生じた流体(液体や気体)の移動によって、運ばれる現象のことです。

お風呂の追い炊きをしたとき時に混ぜないでおくと、追い炊き口が浴槽の下のほうにあっても熱は上部に上がってきます。

このように液体内の動きを対流といいます。

熱放射(放射)とは、熱が放射線(電磁波)によって運ばれる現象のことです。

真空の宇宙空間から太陽の熱が届いているのも放射によるものです。

放射線によって熱が運ばれるため、真空などの物質がないところでも発生します。

LowEガラスは複層ガラスの内側に金属膜コーティングを施したもので、熱放射による紫外線をカットをしてくれます。

ペアマルチSE(遮熱低放射複層ガラス)構造図

LowEはLow Emissivityの略で低放射という意味です。

LowEガラスは二種類あり複層ガラスの室内側に金属膜を持ってくるか、室外側に金属膜を持ってくるかで性能が変わります。

室外側に金属膜コートをすると熱放射をしっかりと防いでくれます。

暖かい地域でよく使われるものです。

室内側に金属膜コートをすると外から熱放射を受け空気層が温められガラスに伝わります。

リヴィエール門司港ベイブリッジは室外側に金属膜コートをしたものを採用し、西日対策を図っています。

 

リヴィエール門司港ベイブリッジではモデルルーム好評分譲中です。興味のある方は是非ご連絡をお待ちしております。

リヴィエール門司港ベイブリッジマンションギャラリー tel:093-342-8644

八幡中央 断熱工事と結露について

リヴィエールレシェル光貞台 2017年06月08日

リヴィエール八幡中央では断熱材工事を行いました。

なぜ結露が出るのか?

湿度の上限は気温上昇によって、ひき上がっていきます。

そのため夏場のジメジメした気持ち悪い空気も、空気が夏の日差しで温められ湿度の上限値が引き上げられているからとなります。

温度上昇に伴う湿度上限が変化が変化することを「相対湿度」と呼びます。

そして温度上昇によって変わることのない空気中に含まれる水蒸気の量を「絶対湿度」と呼びます。

冬の寒い季節を想像してみてください!

室内でストーブを使い温めると「相対湿度」が上昇します。

石油ストーブを使うと、灯油の中の炭素や水素の化合物を室内で燃やす事になり、室内の酸素と結びつき、 水蒸気などの結露の原因が作られる事になります。

ストーブによって温められた室内は、温度上昇とともに「相対湿度」=湿気の上限も上がっていきます。

でも外は寒いので外壁側近くは「相対湿度」が低いままです。

室内の「相対湿度」=「湿気の上限」は高いのに、外は湿気の上限が低いので湿度の差によって結露が発生してしまいます。

結露の発生は、建物は断熱性能に左右されます。

そのため断熱性能を上げるために発砲ウレタン吹付を行っています。

2017060809271ecc.jpg

建物を作る上で様々な建築材料を使ってマンションは出来ています。

各素材に熱伝導率と呼ばれるものがあります。

熱伝導率とは、材料の熱の伝わりやすさを表す値です。

裏表に1℃の温度差がある場合に厚さ1mの材料の中を、面積1m2あたり、1秒間に伝わる熱量です。

値が小さい程、熱の伝わりが少なく、断熱性能が高いということになります。

建築で使う代表的な熱伝導率の大きさは

アルミ>鉄>コンクリート>ガラス>水>断熱用硬質ウレタン吹付け>空気という順番で熱を通しやすく、アルミが一番熱を通し空気が一番熱を通しません。

コンクリートとガラスを比較するとガラスよりもコンクリートのほうが熱を通しやすいということです。

そのためリヴィエールマンションでは省エネ、結露対策のためコンクリートの内側に断熱補強を行っています。

熱伝導率はどの素材も1mの厚みの熱伝道率で比較しているのでガラスもコンクリートも同条件です。

建物などで使う用途を考えるとコンクリートは壁などの躯体の役割のため厚くなり、 窓に入るガラスは採光を確保するため厚みは各所バラバラです。

厚みで伝わる熱量が変化します。

コンクリートの室内側に硬質発砲ウレタンフォームを吹きつけ断熱を行っているから快適に過ごせます。

ウレタンフォームは現場で直接コンクリートに吹き付けて施工するため断熱性能と共に気密性も確保できる素材です。

しっかりと断熱することによって暖かいマンションは出来ています。

光熱伝導率の大きなものは断熱用硬質ウレタンフォームを吹き付けたり、空気層を作ることにより補いながら暖かいマンションが完成していくのです。

他の物件での断熱工事の風景もご覧ください!

 

 

リヴィエール八幡中央ヴェリエはただ今好評分譲中です。

リヴィエール八幡さくら通りマンションギャラリーまでお問い合わせ下さい。 TEL:093-616-8992

 

 

門司港ベイブリッジ 工事準備中

リヴィエール門司港ベイブリッジ 2017年05月09日

リヴィエール門司港ベイブリッジでは工事の準備中です。

今から杭工事に入っていきます。

杭工法は設計段階に行われるボーリング調査の結果を元に構造設計を行って杭工法を計画します。

ボーリング調査によってN値と呼ばれる地盤の強さを調べます。

ボーリング調査とは地盤の固さを確認するための調査です。

調査方法は重さ63.5±0.5kgのドライブハンマーを76±1cm自由落下させて、ボーリングロッド頭部に取り付けたノッキングブロックを打撃し、ボーリングロッド先端に取り付けた標準貫入試験用サンプラーを地盤に打ち込んでN値を測定します。

N値とは地面の固さを示す値です。

上記、標準貫入試験用サンプラーを地盤に30cm打ち込むのに要する打撃回数のことで30cmの打ち込み回数が多ければ多いほど硬い地盤といえます。

N値の基準はN値30で密な地盤と言えますが、大建築物にあってはN値が50を越えるまでボーリング調査を行います。

N値が50超えが連続する地盤が建物を支持する支持地盤と呼ばれるものです。

その結果が柱状図と呼ばれます。

20170509163295bb.jpg

柱状図では19.9mが杭の先端となります。

杭は地中の19.9mまで施工するのですがイメージがつきにくいと思いますので人の大きさと比較してみます。

201705091634db6c.jpg201705091636ba9f.jpg

非常に頑丈そうな構造体となっています。

茶色に見えるのが支持地盤です。支持地盤へ力を伝達するために杭が10本あります。

右上に見えるのが人の大きさです。

すごくごつい構造体が地中内に埋設され安全に建物を支える設計になっています。

 

  • リヴィエール門司港ベイブリッジでは現在、一般公開に先立って物件の情報をお伝えできるように当社リヴィエールレシェル社ノ木マンションギャラリーにて事前案内中です。
  • 興味のある方は是非ご連絡をお待ちしております。
  • リヴィエールレシェル社ノ木マンションギャラリー:093-342-7201

 

リヴィエール門司港ベイブリッジ地鎮祭

リヴィエール門司港ベイブリッジ 2017年05月01日

4月25日、リヴィエール門司港ベイブリッジでは地鎮祭を行いました。20170425194905d3.jpg

地鎮祭の写真です。

写真の中で赤白の幕と青白の幕が混じっているのはなぜか知っていますか?

青白の幕は浅黄幕(あさぎまく)と呼ばれます。

地鎮祭などの神事式典で、祭壇周りの神域を囲う為に用いられます。

神聖で厳かな場所を示し、みだりに立入ってはいけないことの印となります。

 

地鎮祭は以下の流れで行いました。

地鎮祭の流れと意味合いは以下の通りです。

  • 手水(てみず、ちょうず)神事の会場に入る前に手水桶から掬った水で両手を洗い、心身を浄める。
  • 修祓(しゅばつ)開式の後、祭に先立ち、参列者・お供え物を祓い清める儀式。
  • 降神(こうしん)の儀 祭壇に立てた神籬に、その土地の神・地域の氏神を迎える儀式。
  • 献饌(けんせん)神に祭壇のお供え物を食べていただく儀式。酒と水の蓋を取る。
  • 祝詞奏上(のりとそうじょう)その土地に建物を建てることを神に告げ、以後の工事の安全を祈る旨の祝詞を奏上する。
  • 四方祓(しほうはらい)の儀 土地の四隅をお祓いをし、清める。切麻(きりぬさ)・散米(さんまい)とも言う。
  • 地鎮(じちん)の儀 斎鎌(いみかま)を使った刈初(かりそめ)、斎鋤(いみすき)を使った穿初(うがちぞめ)、斎鍬(いみくわ)を使った鍬入(くわいれ)等が行われる。設計・施工・建主に振り分ける事が多い。鍬入の儀とも言う。
  • 玉串奉奠(たまぐしほうてん)神前に玉串を奉り拝礼する。玉串とは、榊に紙垂を付けたもの。
  • 撤饌(てっせん)酒と水の蓋を閉じお供え物を下げる。
  • 昇神(しょうしん)の儀 神籬に降りていた神をもとの御座所に送る儀式。この後に閉式が行われる。
  • 神酒拝戴(おみきはいたい)直会の前に行われるケースもある。土器(かわらけ)の杯にお神酒を注ぎ、神職の合図で乾杯を行う。
  • 当社及びその関係者一同、工事の安全を祈願しました。
  • リヴィエール門司港ベイブリッジでは現在、一般分譲に先立って、間取りや設備などの物件詳細について、事前案内を開催しております。 お問い合わせは、㈱九州三共0120-02-4881へご連絡下さい。